当事務所の取扱業務について

行政書士の業務範囲は、数千にのぼると言われています。
当事務所では、取扱業務を少数の得意分野のみに限定し特化することによって、サービスの質の維持に努めています。

帰化申請

最近のデータでは、在日韓国人の方が結婚相手に日本人の方を選ぶ割合が95%を超えてきたようです。
そんな中、日本で生まれ育った在日三世・四世の方が、婚姻や出産を機に帰化をされるケースが増えてきました。

当事務所では、在日韓国人の方が日本国籍を取得するための帰化申請のサポートをさせて頂いております。

産業廃棄物収集運搬業許可

社会のコンプライアンスに対する意識が高まる中、法令を遵守できない会社は生き残りが難しいと言われています。
産廃業界も例外ではなく、不法投棄はもちろんのこと無許可営業への対応が厳しさを増してきています。
産業廃棄物を収集・運搬するためには、必ず許可を受けなければなりません。

当事務所では、この産業廃棄物収集運搬業許可の取得手続きを代行させて頂いております。
ご依頼者さまの作業負担を大きくカットできるサポート内容となっております。

建設業許可

500万円を超える工事を請け負うために建設業許可が必要であることは当然ですが、許可を受けるメリットはそれだけではありません。
最近では、許可業者かどうかでその会社の「信用」を測るための指標となることが多いのです。
元請業者さんが下請業者さんを選定する場合、500万円を超える工事でなくとも許可業者かどうかを取引の検討材料に入れるケースが目立ってきています。
小規模の事業所であればあるほど、許可を受けている事業所とそうでない事業所の「差」がはっきり出てきてしまっています。

当事務所で、この建設業許可の取得手続きを代行させて頂きます。
ご依頼者さまの作業負担を大きくカットできるサポート内容となっております。

古物商許可

今や時代は「消費する」時代から「リサイクル」の時代へと完全に移行しました。
中古品市場は、ネット取引を中心として飛躍的な拡大を続けています。

また中古品の売買は、個人が自宅でしかも副業でもできるなど、気軽に始められることも魅力の一つです。

当事務所では、この古物商許可の取得手続きを代行させて頂きます。
ご依頼者さまの作業負担を大きくカットできるサポート内容となっております。


業務の移管について

当事務所の業務は全て移管致しました。




カウンター

メインメニュー


サブメニュー